カラオケ採点【DAM精密採点】を攻略

どうも!しんいちです!

本日は、カラオケ採点(DAM精密採点DX-G)の攻略法についてお伝えします!

この記事は以下のような方におすすめ!

★カラオケ採点の仕組みを知りたい

★カラオケ採点で高得点を取りたい

上記の方向けの記事となっています。

歌がうまいとか歌がへたとかは採点に関係なかったりしますが、やっぱりカラオケの採点で高得点が取れるのは嬉しいですよね!?

そこで今回はカラオケ採点の中でも【DAM精密採点DX-G】を取り上げて解説していきます。

ヒトカラ・カラオケ好きの方は、ぜひこの記事でカラオケ採点を楽しんでみてください!!

カラオケ採点の項目について

採点項目には、音程・安定性・表現力・リズム・ビブラート&ロングトーンの5つの項目があり、各100点ずつ合計500点で採点しています。仮に100点を出すためには、合計で475点を取ることが必要となります。

音程:87% 安定性:97点 表現力:97点 リズム:99点 ビブラート&ロングトーン:95点 合計475点を取れたら、100点が取れるようになります。

5つの項目で点数を積み上げていくと、高得点に繋がります!

それぞれの項目について詳しく説明していきます。

カラオケ採点項目:音程

おおよそ正しく歌えた時は音程バーが黄色に、間違っている時は赤色になります。

完璧に歌えた時は音程バーの1番最後の所から星⭐️が、ぴょんっと飛び出します!そして、画面に表示されている1面を歌い終わる際に流れ星が出てきます。

・虹色 90%〜

・黄色 80%〜89%

・赤色 70%〜79%

・青色 60%〜69%

・なし 〜59%

という基準になっております。

カラオケ採点項目:安定性

震えやカスレがなくしっかり歌えてるか採点しているかが基準となります。

カラオケ採点項目:表現力

抑揚、しゃくり、こぶし、フォールの回数で表現力の点数が決まります。

カラオケ採点項目:リズム

最も点数を取りやすい項目で、音程バーの先端に合わせて歌います。

カラオケ採点項目:ビブラート&ロングトーン

採点中に「M」のマークが出てくるのがビブラートになります。ビブラートは、回数ではなく、毎回同じ波形かどうかで採点しています。色々なビブラートを駆使するよりも、同じ波で採点しています。

ロングトーンはビブラートを入れずに、正しい音程で真っ直ぐ伸ばすことが採点の基準です。

カラオケの採点で優先すべき項目は?

項目で優先すべきは、音程の正解率をあげることをおすすめします。

音程の正解率が85%を超えてたら、他の項目の点数を上げていくことで、高得点を狙いやすくなります。

音程の正解率を上げることが、カラオケ採点で高得点を取るためが近道です。

カラオケの採点をもっと詳しく分析したい方へ

カラオケ採点後に表示される結果よりもさらに詳しく、各項目のカラオケ採点結果を詳しく調べることができます。

まずは、「DAM★とも」で会員登録してください。会員登録は無料です。

会員登録が分からない方はこちらから

会員登録が終了したら、集計分析というアプリを取得してください。

※現在はiOSのみ対応です。

集計分析はDAM★ともと連携することで、カラオケ採点後に表示される結果よりも詳細にカラオケの各項目ごとの点数を調べることができます。

AppStoreプレイビューより

カラオケの点数をあげたい方へ

カラオケの採点をあげるためには、日々練習することが大切です。ヒトカラ歴10年以上の私も最初の頃は、70点前半でした。ヒトカラを始めた4年経った頃でも、80点前半を取るのがやっとでした。

今ではカラオケ採点で80点後半から90点前半を取ることができます。

歌を練習すると人前で歌を歌うのに抵抗がないですし、趣味ができ、人脈や出会いも増えます。

カラオケの練習するのは人生を豊かにしますので、やってみてメリットしかありません。

もし、最短で歌がうまくなりたい方へ

歌が上手くなりたい・カラオケで点数が取りたいという方は、プロに指導してもらうことが最短ルートです。

世間には色々な音楽教室がありますが、その中でも下記の2つの音楽教室をおすすめします。

🔶シアーミュージック音楽教室

Youtuberのしらスタさんが特別講師を務めており、全国に展開している音楽教室です。

私も実際に無料体験レッスンに通いましたので、ぜひ参考にしてください。

🔶Soul Creat Music音楽教室

私が通っておりました音楽教室です。通ったことで音域も広がりましたし、音程も合うようになりました。

関西におられる方にはおすすめの音楽教室です。